ドイツ生活 色々

娘と息子、ドイツ人夫と共にドイツ在住です。

いよいよ予防接種

 友人の旦那さんが老人ホームで介護士をしているのですが、先日、コロナウイルスの予防接種を受けたそうです。予防接種後は特に何も変化はなく注射した所がちょっと痛いだけとのこと。良かった。その友人はネットで色々調べて心配になっている様です。夫の祖母も老人ホームに入居していますが、先日コロナウイルスの予防接種を受けたそうです。寝たきりなのですが、予防接種の次の日、呼吸が荒くなり心拍数が低下しもう最期の時が来るかもしれない、と義父が老人ホームに呼ばれる騒ぎとなりました。その後、何事も無く持ち直した様です。予防接種が影響したのかどうかは分からないとのことです。もし自分に予防接種を受ける順番がやって来たら私はどうするだろうか。私は予防接種を受けると思います。何故なら、今はそれしかこの状況を抜け出す方法は無いと思うからです。色んな副作用についてネットで様々な情報が飛び交っていますが、信憑性のある情報とは言い難いと思います。私は、ファイザー社の予防接種を認可したドイツと言う国を信じたいと思います。

 最近娘が良く洗濯物を畳むお手伝いをしてくれます。タオルや自分の服を一生懸命畳んでくれますが、もちろんぐちゃぐちゃです。でもせっかくお手伝いをしてくれるので、後でこっそり畳み直します。私が1人で洗濯物をせっせと畳んでいるとやって来て、ママ1人じゃ大変でしょ、ママ1人で寂しいでしょ、と言って畳むお手伝いをしてくれます。その一言を聞くと、いやお手伝いはいいよ、何て言えません。ぐっと我慢。私が一人で畳んだ方が早いけど、娘の気遣いが嬉しい。心に染み入ります。娘がもっと大きくなってもお手伝いしてくれる様にと言う邪な打算もありますが。でも、そんな気遣いも出来る様になったんだな、大きくなったなぁと驚きます。途中で放っぽり出して遊び出しちゃう事も多々ありますが。

 私は主に音声入力を使ってブログを書いています。スマホの日本語入力キーの右下のマイクマークを押すと、音声入力に切り替わります。これでその日のテーマを5分から10分ぐらい喋り、時間があるときに(主に夜子供たちが寝入った後ですが)パソコンに向かい誤字脱字や所々文章を直し、アップロードします。一からパソコンで入力するよりもはるかに簡単にブログを書く事ができます。

 特に、夜パソコンに向かっても、子供たちが途中で起きてしまってパソコンから一度離れ、子供たちが寝てまたパソコンに戻り、また子供たちが起きて、ということを何度も繰り返すので、全てをパソコンで入力しようとすると、時間がかかります。そこで手の空いた時間があるときに、スマホに話しかけまくり記録して、後でパソコンで直した方が今の生活リズムに合っています。

 ブログを書きながらいろんなことを振り返って考えると、少し自分の頭の中が整理されるようで、気持ちが落ち着きます。最近の毎日の日課と化しているからかもしれません。育児中で色んな事がままならない中、毎日きちんとアップロードし続けると言うのは少しずつ自分の自信に繋がっているのではないかと感じています。