ドイツ生活 色々

娘と息子、ドイツ人夫と共にドイツ在住です。

イースターの卵探しと予防接種の予約

 今日はイースターの日なので義両親の家に来ています。娘は朝7時に元気良く起床し、庭での卵探しはまだかとゴネ始め、9時頃にやっとスタートしました。カラフルな卵を見つける度に娘がポーズを取ってくれるので激写しまくりました。可愛い。チョコやプレゼントも見つけて嬉しそう。自分が子供だったら、イースターって楽しい思い出に残るんだろうなと思います。

 さて、コロナウィルスの予防接種ですが、アストラゼネカの予防接種は60歳以下の者には適用しないと決定された為、急遽60歳以上の人達の予防接種が開始されました。昨日、義両親と夫が申し込み窓口に電話をしようと何回も電話して、電話口で40分以上電話が繋がるのを待って申し込みしようとしたところ、既に予約が一杯で予約不可能とのこと。今日改めて、別の窓口に連絡したところ4月末の予防接種の予約が取れたようです。予防接種がどんどん進んで行っている様で嬉しい。

 ファイザーの予防接種は主にアメリカで生産されている為、ヨーロッパでは大量入手が難しい状況でしたが、遂にヨーロッパで生産を始めるとの事。うまく行けば7月頃にはほぼ全国民の予防接種が完了するのではないかとの予想がされている様です。ほんまかいなという感じ。義両親の二回目の予防接種が6月なので、それと同じ時期位に私達も予防接種を受けれるという事?まぁ、次期は数か月遅れたって予防接種が行き渡ってくれれば何でも良いんですけど。

 ちなみにメルケル首相はまだ予防接種を受けておらず、他の国民と同様に順番を待っているとの事。首相なんだから早く受けちゃって!という気持ちもありますが、国民の感情を良く理解している、流石!という感じです。