ドイツ生活 色々

娘と息子、ドイツ人夫と共にドイツ在住です。

Elternbeirat(PTA)への陰湿な苦情

 ドイツのロックダウンが3月末まで延長される様ですが、ロックダウンのルール緩和が検討されている様です。これまでは他の世帯に訪問できるのは1世帯1名のみでしたが、2世帯で合計5名まで集まることが可能になる様、検討されています。美容院や床屋も朝から深夜24時まで開業が始まりました。深夜24時まで開業している美容院なんて、これまでのドイツでは考えられない事でしたが、顧客の予約時間を出来るだけ分散させる事ができる様に24時まで開業する美容院もある様です。新規感染者数はここ数日は先週より増えているし、特に大きく減少している訳でもないですが、経済や国民感情を汲んでの検討ではないかと思います。

 先日、娘の保育園のElternbeirat(PTA役員)から驚きの連絡がありました。保育園の近くにはスーパー併設の公共駐車場があるのですが、そこにElternbeirat(PTA役員)の一人が駐車していたところ、車のワイパーにElternbeiratに対する苦情が書かれた手紙が挟まれていた、との事。何だか陰湿ですよね。

 まず、保育園からちょっと離れた場所に駐車されていたのに、Elternbeirat個人の車を知っているという事が恐ろしいですよね。それか何処かに隠れて見ていたんでしょうか…それも恐ろしいですけど。
 次に、Elternbeiratに苦情があるのなら保育園に苦情を言うなり何なりの方法があるかと思いますが、匿名で個人の持物に苦情を忍ばせるという手口も陰湿ですよね。私は個人的に、ドイツ人は苦情をはっきり伝える、若しくは気に入らない人が居る場合は距離をとって何となく適当に付き合う人が多いのではないかと思っていましたが、そうでもない様です。夫も今回の出来事には驚いていたので、常識的な方法ではないのだとは思いますが。

 確かにElternbeiratの人々の行動には私も閉口する事があります。What's UpでElternbeiratからの連絡が来るのですが、送り迎えの際は、コロナ感染予防の為に保護者同士で立ち話をせずにすぐに立ち去る様にと連絡が来たかと思えば、Elternbeirat同士で保育園で立ち話をしていたり。保育園の先生へクリスマスプレゼントを贈ろうと企画して保護者から寄付を募り、まだ金額が足りない!と催促の連絡が来たり。毎年Elternbeiratはこんな感じなのか、今年は強引な人が多いのか保育園1年目なので良く分かりませんが。

 ちょっと驚いた出来事でした。