ドイツ生活 色々

娘と息子、ドイツ人夫と共にドイツ在住です。

夫が45キロ減量した理由 〜道具編〜

 去年、夫が45キロ痩せました。食事制限と運動で痩せました。王道ですよね。

 始まりは、ホームドクターでの健康診断でした。健康診断で数値が悪く、担当の医師に減量勧められました。それが、去年の春~夏頃の私が妊娠後期だった頃で、これから二人目子供が生まれるのにそんな不健康ではいけないと思ったのか、どうだか知りませんが、突然ダイエットを始めました。

 ただこの夫が賢いのが、できるだけゲーム感覚で減量に励んだ事です。主に下記の道具を使って減量をスタートしました。

① Apple Watch

 Apple Watchには一日の間にどれだけ運動したかを記録する機能があるらしく、毎日運動したかどうか振り返ることができます。そこで連続運動日数を毎日更新することを目標に毎日運動に励んでいた様です。ささいなことですが、本人にとってはやる気と自信につながったようです。

 ②電子体重計

 夫はダイエットを始めるにあたって新しい体重計を購入しました。その体重計は日本のRenphoと言うメーカーのもので、携帯のアプリと接続でき、自動的に体重をアプリに記録してくれます。これを毎日続けると、体重が落ちれば落ちるほど、右肩下がりのグラフになり、それも夫のやる気と励みにつながったようです。 

 ③フィットネスバイク

 こちらも購入したら、偶然日本のHorizonのフィットネスバイクでした。4年位前に夫のダイエットの為に購入し、ようやく出番が来ました。引っ越しの時に断捨離しなくて良かった!

 仕事の合間や時間があるときに、大画面で好きなYouTubeやNetflixの番組を見ながらものすごいスピードで毎日フィットネスバイクを漕いでいました。ただ漕いでいると、やはり飽きてしまうので、何か好きなものを見ながら取り組んだことも良かったようです。私はこの夫がフィットネスバイクを漕ぐ姿を見て、ハムスターがケージの中で回し車で運動している姿をいつも思い出していました。夫には言えませんが。

 本人曰く、やはり上記3つを使って楽しみながら取り組めたことが勝因だと。いずれにしろ、本人が絶対痩せるぞと言う決心がなければやっぱり続かないとも言っていました。確かに夫の健康診断の数値はかなり悪かったので、背水の陣であったかなとは思います。コロナウィルスにより生活が制限された事によって生活リズムが変わり、健康になった方も少なからず居るし、逆に不健康になった方もやはり一定数いるようです。やれる人はやれるんだから、今の状況や環境のせいにして文句を言っていてはいけないなと思いました。